Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
音叉、使ってますか?

アカペラなどの最初の音出し、ピッチパイプやミニ鍵盤のグループもありますが、音叉にも是非チャレンジを。

音叉は単音1つしか出ないので、キーの音を取るにはここから半音階12音のどれかを作る必要があります。
これには相対音感が必要です。

Aの音叉でDを取るなら、5度下をハミングで出す、という感じです。

Aの音叉でE♭を取るなら、一端Aの半音上B♭を取ってそこから5度降りる、が最初のうちはラクでしょう。
最終的にはAから増4度を直で取れると好いですね。

音叉はピッチ記憶(絶対音感)トレーニングにも使えます。
●音叉を鳴らす。
●音が消えるまで、それをリラックスして聴く。
●音が消えても、今聴いていた音を頭の中でしばらく鳴らし続ける。
●頭で聴いていた音をハミングする。
●音叉をもう一度鳴らして確認する。

これの繰り返しでピッチ記憶がしっかりしてきます。

音叉は単音1つですが、このピッチ記憶を精確にしていくことで脳内音叉になります。
そしてそこから相対的に他の音を想起することで、他の音も少しずつ直接思い浮かべられるようになります。
これを12音に繰り返していくことで、完全音感も可能です。

音叉、活用しましょう。
2017/11/02(木) 19:32 音楽トレーニング PERMALINK COM(0)
ピッチ記憶がしっかりしていると、読譜は非常にラクで精確です。
書かれている音符を本当にそのまま歌うだけです。

音符を見たらその高さがそのまま聞こえるのでその通りに歌うだけです。
何かを数える必要もないですし、途中見失っても何処からでも適切なピッチで戻れます。

ピッチ記憶だけだと構造理解が伴わないので、長短の全調スケールは作れる、歌える状態にはしておくとベストです。

ピッチ記憶があると、転調も簡単ですし、複雑で無調に近い状態でもラクに乗り切れるでしょう。

ピッチ記憶は読譜の早道だと思います。

2017/11/01(水) 00:22 音楽トレーニング PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.