グループごとに色々なやり方、考え方がありますが。

ライブの場合、各人の前のモニター、自分の声を聞こえやすくするなどはせず、会場に出す音と全く同じミックス状態で返してもらい、歌う側でバランスを取るのが重要です。

実際にはそうしないグループの方が現在では多いかもしれません。

ただその場合、バランスは音響さん任せになりますが、ア・カペラの演奏者としてそれはあまり宜しくないでしょう。

音が合っていてもハーモニーの帯になりにくい原因の一つが、各人にとって自分の声(だけ)が聞こえやすいモニターで歌うことだと思います。

全員が客観的な全体像(自分が演奏に参加している以上、それは物理的に無理ですが)に近いものを聴き、自分たちでバランスを取って歌うのは重要です。
2018/08/12(日) 22:07 音楽 PERMALINK COM(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください