ア・カペラのベースの個人練習のやり方の一つとして。

あえてピッチを無くし、発音だけでのラップ練習をします。
歌詞ではないので「ラップ」というのはやや微妙ですが。

ピッチがあることで何となく誤魔化されていたところが露わになり、リズム隊としてパーカッシヴにグルーヴしているかどうか確認できます。

リードボーカルのラップ練習をする人は多いと思いますが、ベースでこの練習をする人は少ないかも。

ピッチをきちんと気にして精確に歌うのは大事ですが、さらに大前提として発音とリズムだけでカッコよく聞かせられることは重要です。

時々練習に取り入れてみて下さい。
2018/04/09(月) 07:49 音楽トレーニング PERMALINK COM(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください