半音のぶつかり、何となくグシャッとした塊として聞こえている人も多いかもしれません。

そういえば昔の西武池袋線の踏切はFとF#の半音ぶつけでした。

鍵盤などで半音ぶつかりの2音を同時に鳴らし、これをしっかり別々に聴き分けて下、上とハミングで歌い返す練習、耳が鋭くなってオススメです。

音楽用の聴音力が増すのは勿論ですが、英語のヒアリングなどもしやすくなるように感じます。
個人差あると思いますが。

半音ぶつかりの切り分けはやや集中力がいるので、リラックスして行うようにしてみてください。

相対音感、絶対音感以前の、複数の音をきちんとそのまま、それとして聴き取る力がアップすることと思います。
2017/07/29(土) 09:04 音楽トレーニング PERMALINK COM(0)
ピアノは押せば音が出ます。
なので自分でピッチを作る意識は弱くなりがち。

ですが。

弾こうとしている音を頭の中で鳴らしつつ(心の中で歌いつつ)弾くのが肝要です。
100%全部の音を、です。

もし口がいくつかあったらそのまま全部の音を歌える状態です(笑)

そのくらい明確な音意識が無いと、曖昧な部分が残ります。

最初から100%意識は大変かもしれませんが、楽譜に書いてあるからただその音を押す(弾く)のではなく、鳴らしたい音があって、それを鍵盤を通して鳴らすようなつもりで。

これを意識していくと演奏の色彩感、立体感が増していくと思います。


2017/07/19(水) 18:30 音楽トレーニング PERMALINK COM(0)
前回、初見のことを主にピッチの側面から書きましたが、ピッチがわかってもリズムが読めなければ初見出来ませんね。

ではリズム読譜のコツは?

逆説的ですが「採譜する事」です。

採譜しようとするとキッチリ数えなくてはいけません。
そして採譜して出来たものをもう一度演奏して、元と同じになるか確かめます。
この作業が一番効きます。

もちろん、すでにある楽譜をしっかり再現する練習でもいいのですが、回数をしっかりやるほど結局は音として覚えてしまい、その場で読譜していることにならない、というジレンマもあります。

採譜作業なら、完成させるまでの途中も「合っているかどうか確かめる、修正する」という作業なので、変に記憶に頼ることも少ないでしょう。

地味な作業ですが、オススメです。

ピッチと同時に採譜が理想ですが、リズム譜だけ作るのでもいいでしょう。
ラップを何とか譜面に起こしてみるような作業も有効だと思います。
2017/07/17(月) 14:46 音楽トレーニング PERMALINK COM(0)
「全調スケール」の話とも関係しますが。

全調スケール、半音ずつ上がっていたりする発声練習をするとき実音を意識するということを書きましたが、この時、音名だけでなく楽譜上の位置もしっかり想起します。
さらには鍵盤の位置も想起するようにします。

「ピッチ(音の高さ)そのもの」「五線上の位置」「鍵盤での位置」をセットで瞬間的に想起出来るようにします。

こうしておくと(ここまでやると能動的絶対音感もかなりしっかりしています)、リズムの読み取りの訓練が出来ていれば、楽譜を初見で歌うのはとても簡単です。
弾いて確かめたりするのと同じことを内化するわけです。

勿論、ハモりを純正に持って行く作業はこれと並行してやる必要はあります。

3点セットの想起がしっかり出来ればいわゆる「音取り」は不要です。
見てそのまま歌うだけなので。
2017/07/17(月) 14:44 音楽トレーニング PERMALINK COM(0)
ピアノなど楽器の人は勿論ですが、歌しかやらない人にとっても12調全てでスケールを歌えることは大事だと思います。

長調だけでもいいので。

そして自分の歌うスケール1音1音を、スケール上の位置は勿論ですが、実音としてもきちんと意識します。
これ自体は絶対音感訓練ではないですが、ある程度その効果も見込めるでしょう。

曲をアカペラで歌っているうちにキーが段々下がる、上がるというようなことも、自発的にみっともないことと感じられるようになる可能性もあります。

スケールはちょっと、という人は日々の発声練習で、例えばドレミファソファミレド音形の物を半音ずつ歌うなら、半音ずつ12調ちゃんと、歌っている個々の音も100%実音を意識して、くらいでもいいと思います。

歌だけが実音をきちんと意識していないのは、変な特権意識?かも。

楽器と同じ実音意識は大事だと思います。
2017/07/17(月) 14:43 音楽トレーニング PERMALINK COM(0)